アシックスMAGIC SPEED(マジックスピード)サイズ感と個人的レビュー&感想。※2022/4/20更新

ASICS 『MAGIC SPEED』(マジックスピード)を購入しました!!
フルマラソンでは、ターサージール(薄底シューズ)しか履いた事が無かった私。

初めてカーボン厚底シューズを購入!!

WATARU

マジックスピードってどんなシューズだろう?
カーボン厚底シューズが気になる方、薄底シューズが好きな方。
薄底ターサーエッジと詳しく比較しながらレビューしますので是非参考にして下さい(^^)/

私が履いた感想などを、ターサーエッジと比較しながら詳しく紹介しますので皆さんの参考になれば嬉しいです(^^)/

※目次から読みたい所に行けますので気なる所をご覧下さい!!

WATARU

フルマラソンPB2時間57分28秒
ウルトラマラソン2回出場完走 PB11時間07分20秒
10キロ PB37分47秒
トライアスロン・トレイルレース出場経験あり
六甲全山縦走2回目
2022年3/28現在49歳が詳しくレビューします(^^)/

フルマラソンに向けて『METASPEED』の購入を考えましたが、値段も27500円と少々お高め。
初めての厚底カーボンシューズを買うにしては、ハードルが高いですね(^^;)

WATARU

初めての厚底カーボン購入には値段も高価な『メタスピード』はハードルが高い…

WATARU

フルマラソンは全て
アシックスターサージールシリーズで走っているWATARU。
薄底のターサージール好きでしたが、昨今の厚底ブームとカーボン入りシューズと言う事で、アシックスの厚底シューズ『 MAGIC SPEED』(マジックスピード) 購入を決意しました!

まずは『MAGIC SPEED』(マジックスピード)でASICSの 厚底シューズをトレーニング等で使用して、走り心地などを確認してみようと考えての購入。

結論
マジックスピードは、トレーニングやスピード練習にと考えていましたが、十分フルマラソンやハーフマラソンのレースでも使用できるシューズです。
ロング走でも使用しましたが、とても走りやすくウルトラマラソンでも使用可能なシューズです!!
※しまなみ海道79㎞ランニング使用

目次

購入にあたって

WATARU

購入にあたり
私が疑問に思ったのは
メタスピードスカイ・エッジとマジックスピードの違いでした。

メタスピードスカイ・エッジとマジックスピードの違い

※アシックス様㏋より
マジックスピード メタスピードスカイ
(ストライド型ランナー)
メタスピードエッジ
(ピッチ型ランナー)
重量
(27.00㎝)
230g199g188g
ミッドソールの素材FlyteFoam Blast(FF Blast)FlyteFoam Turbo(FF Turbo)
※アシックスレーシングモデル最高峰
FlyteFoam Turbo(FF Turbo)
※アシックスレーシングモデル最高峰
アッパー素材エンジニアードモノフィラメントメッシュエンジニアードメッシュエンジニアードメッシュ
ガーボンプレート中足部から前方に搭載かかと部から前足部にかけて搭載 かかと部から前足部にかけて搭載
クッションRegularRegularExtra
ドロップ
(前足部とかかとの高低差)
5mm5mm8mm
プロネーションニュートラルニュートラルニュートラル
WATARU

簡単に言うと素材等は
メタスピードスカイ・エッジがアシックス最高峰の物を使用。
マジックスピードは、その下のランク。
名前が難しくて分かり難いですね(^^;)

FlyteFoam Blast とは?(マジックスピード採用)

アシックスが独自開発した軽量で反発性に優れた素材。

FlyteFoam Turbo とは?(メタスピードスカイ・エッジに採用)

アシックスの軽量フォーム材の中で最も優れた反発性を発揮する素材。

エンジニアードモノフィラメントメッシュ とは?(マジックスピード採用)

軽く通気性に優れた素材

エンジニアードメッシュ とは?(メタスピードスカイ・エッジ採用)

一枚の生地の中で編み方を変える高度な技術を使い、軽量、通気性、フィッテイングやサポート性に優れた素材

マジックスピードの特徴

マジックスピードは、アシックスレーシングモデル最高峰のメタススピードスカイ・エッジの機能やデザインを引き継いでいるモデルです。

アシックスHPより

つま先が弓状に上がったガイドソールテクノロジーと、軽量のカーボンプレートを掲載。

WATARU

マジックスピードはカーボンプレートは足底全体では無く中足部から前方に搭載
※メタスピードスカイ・エッジは全体に搭載しています。

ソールの形状を維持して重心の移動を促し蹴り出しのスピードを高め、エネルギーの消費も抑えるという優れもの。

WATARU

アシックスHPでは
レースからトレーニングまで
汎用的な使用が可能と表記されています。

マジックスピード使用用途は?

  • ペース走
  • インタバール走
  • 閾値走
  • ロング走
  • ウルトラマラソン
WATARU

マジックスピードはトレーニング用の位置付けとして購入。

※マッジクスピードを使用し、反発も良くレースでも十分使用出来ると実感
※ロング走や、ウルトラマラソンのレースでも使用可能(^^)v

マジックスピードのサイズ感は?

今回購入したのは、マジックスピードワイド26.5㎝です。

サイズは26.5㎝で問題ありませんでしたが、ワイドじゃなくてもよかったかな?と思いました。

WATARU

ターサージール4・5・6×(3足)、ターサーエッジワイド
ズームフライ3、アディゼロボストン9全て26.5㎝です。
同じサイズで大丈夫でした(^^)v

シューズサイズは問題ありませんが、ターサーエッジワイドよりも、ワイド感があるのか下の画像でみても分かる様に、1番下の紐部分に少しシワが入りました。

WATARU

ターサーエッジワイドで感じられなかったワイド感があり
少しだぶついている感がありました。

WATARU

マジックスピードの標準サイズ(2E)も購入
ワイドサイズより、コチラの方がしっくりきます。
下記画像左側が標準サイズ(2E)右側がワイドサイズ

左側標準サイズ(2E) 右側ワイドサイズ

マジックスピードの重さは?

WATARU

ASICSのHPでは
約230g/8.1ozと表記されています。
実際に計ってみました

マジックスピード(ワイドサイズ)
左足シューズ重量

左足シューズは231g

マジックスピード(ワイドサイズ)
右足シューズ重量

右足シューズは229g

WATARU

左右少し重さが違いますが
アシックスHP通り約230gです!

マジックスピード(標準サイズ2E)
左足シューズ重量

標準サイズ(2E)左足シューズ224g

マジックスピード(標準サイズ2E)
右足シューズ重量

標準サイズ(2E)右足シューズ223g

マジックスピードアウトソール

耐摩耗性に優れたアウターソール材AHARを搭載し、グリップ力に考慮したソール意匠を採用されているそうです。

WATARU

耐久性テストは
WATARUの、得意の1000㎞レビューに乞うご期待!!

WATARU

1000㎞走ったマッジクスピードのレビューは下記のブログで詳しく書いています(^^)v

WATARU

アディゼロボストン9
1500㎞レビューは下記ブログへ

マジックスピードインソール

WATARU

インソールはシューズに引っ付いて取れないタイプでした。

マジックスピードアッパー

エンジニアードモノフィラメントメッシュ と難しい名前がついています。

名前は難しそうですが、メッシュタイプで、かなり通気性が良さそうです。

WATARU

アップで見るとより
通気性が良さそうなのが分かります。

WATARU

かかとは
かなりしっかりしています!!

WATARU

内側から見ると
かかと部分からメッシュ素材への
移り変わりが良く分かります。

マジックスピードとターサーエッジ比較

WATARU

同じ用途で使用していた
ターサーエッジワイド

マジックスピードワイドの重量約230g

ターサーエッジワイドの重量190g

WATARU

ターサーエッジの方が40gほど軽く
見た目も厚底と薄底の違いが
ハッキリしていますね。

マジックスピードタン(ベロ部分

ターサーシリーズとは、まったく違うタン(ベロ)です。

とても薄く、私が履いているナイキズームフライみたいな感じです。

WATARU

ターサーエッジと比べるとかなり厚みが違いますね。

マジックスピードとターサーの紐の違い。

マジックスピードとターサーエッジの紐の違いも比べてみました。

黒色がマジックスピードの紐です。

ターサーエッジと比べて、とても薄く、これもナイキズームフライ3のシューズに近い感じがしました。

WATARU

ナイキズームフライ3の紐が苦手で
足の甲が痛くなるので少し不安です。

マジックスピードの紐の感想

タン(ベロ)部分も薄く、紐も平らで痛くなるのかな?と心配していましたが、とくに痛みも無く、しっかりフィットしました。

WATARU

心配していた紐は
まったく気にならず痛くもなりませんでした。

マジックスピード感想

マジックスピード履き下ろし※8/23

マジックスピードの履き下ろしは、ジョグでの試走です。

マジックスピードを履いてすぐの感想

21㎞走行【1㎞ペース 5’00~6’00】

  • 面白いシューズ
  • ポンポンと勝手に進む感じ
  • 気持ち良く進む
  • かかとのホールドがしっかりしている
  • タン(ベロ)部分と紐が気になっていたが気にならなかった
WATARU

履き下ろしは、とても良い感じで
ジョグペースを気持ち良く走ってみました。

ズームフライ3(約240g)より、かなり軽く感じ、走りやすいイメージ。

マジックスピード【ジョグペース感想】

初めてマジックスピードでの走りですが、率直な感想は走りやすかったです。

走った距離は21㎞【1㎞ペース 5’00~6’00】

WATARU

アシックスの厚底は初めてで
ドキドキ!ワクワク!!

フルマラソンは、アシックス『ターサージール』でしか走っていないので、薄底信者と言っても過言ではありませんでした。

しかし、昨今の流れは厚底です。

もちろんアシックスも厚底の流れに乗るって事は、やはり厚底が走りのパフォーマンスを上げてくれる事は間違いないって事だと思います。

厚底シューズは『ナイキズームフライ3』『アディゼロボストン9』と履いてみて違和感も無くなってきて、逆に『ターサーエッジワイド』で走ると、足への衝撃とペタペタ感が気になり始めていました。

そんな中、今回購入した『マジックスピード』は、まだ21㎞のジョグでした使用していませんが、気持ち良くポンポンと進む感じで走りやすいシューズでした。

使用用途は、ペース走とインターバル走で、アシックス『メタスピードスカイ・エッジ』の購入する前のトレーニング用として考えています。

WATARU

履き下ろしは上々(^^)v
使用用途のペース走やインターバルでの走行が楽しみですね♪

マジックスピード【ビルドアップ走】※8/24更新

ビルドアップ走に使用。

1㎞ペース5’25~4’25ぐらいまで徐々にペースを上げていき走りました。

WATARU

ピッチもつかみやすく
ペースを上げて行っても
気持ち良く走れました(^^)/

サブ3~3.5を目指す狙うシリアルランナーと明記するだけあって、十分な走りを感じました。

ターサーエッジワイドや、ナイキズームフライ3より、私の感想は、かなり走りやすかったです(^^)/

マジックスピード【4’15ペース走】※8/30更新

1㎞4’15ペース走に使用。

サブ3ペースで走ってみました!

WATARU

サブ3ペースで走りましたが
とても走りやすいです!!

ペース走を行った場所は、アスファルトと土の混合のコース(下記の画像の様なコース)

WATARU

土のコースからアスファルトに変わる時に
かなりの反発と進む力を感じます!!
逆に土を走った時には滑る感じ(空回り)でした。

今回は4’15ペースで走ったマジックスピード。

ゆっくり走るより、より反発を感じ、ピッチ(歩数)、リズムも取りやすかったです(^^)/

マジックスピード【4’15ペース走】※9/7更新

今回も、『4’15友の会』ペース走でマジックスピードを使用しました。

前回は、6㎞でのレビューでしたが、今回は倍の12㎞走ってみました。

マジックスピードは、アップ時は反発は感じませんが、いざペース走になると心地良いピッチで走れ推進力を感じます。

ナイキズームフライ3は、距離が進むにつれて重いな。と感じますが、マジックスピードは重さはあまり感じません。

今回は、少し足が疲れた状態で12㎞走りましたが、なかなか良い感じで走れました(^^)/

WATARU

次回のペース走は、また距離を延ばした感想をお知らせしたいと思います!

マジックスピード【インターバル走】※9/16更新

マジックスピードを履いての『インターバル走』を行いました!!

今回のインターバル走は『1km/3’40+休息60秒×5セット』。

3’40設定で走ると、ペースは速いのですが、楽にリズムを刻めました。

WATARU

ペース走では感じなかった反発とスピード感を感じ
クン!クン!!って感じで(擬音で伝え申し訳ありません)
自分でも思ったより楽にペースキープ出来ました(^^)/
ペース走の様子は下記のブログに詳しく書いてます。

マジックスピード【インターバル走】※9/23更新 走行距離129.89㎞

2週連続での『インターバル走』。

私は、トラックを使用せず、アスファルトと土の混合するコースでインターバル走を行っています。

アスファルトの部分は、とても気持ち良く進みます!!

しかし、とても走りやすく良い感じで走れるマジックスピードですが、土でのインターバル走やペース走は、滑る感じ(空回りする感じ)なのでオススメ出来ません。

WATARU

逆に『マジックスピード』のポテンシャルを感じたい方は
アスファルトと土の混合で走って試すのもアリかもしれませんね!

マジックスピード【30㎞Eランニング】※11/20更新 走行距離266.13㎞

Eランニング(イージランニング)で使用。

ペースは1㎞5’00ぐらいで走ろうとスタートするも1㎞平均4’46でした。

数字の通りペースは自分が思っているよりも速く、心地良い反発を感じリズム・テンポも取りやすく、ロード30㎞を気持ち良く走れました。

今回、とくに感じた事は下りの反発です。

真っ直ぐ足をしっかり出す事でしっかりカーボンの恩恵を受けます!!

しかし、フォームが崩れたり足のつま先が外に向いたり中に入ったりすると、反発は受けにくくブレた走りになります。

WATARU

反発の恩恵を受ける=良いフォームで走る。
マジックスピードで良いフォーム作りが可能かもしれませんね(^^)v

マジックスピード【4’15友の会ペース走】※1/18更新 走行距離600.26㎞

マジックスピードの走行距離600㎞。

アッパー部分が少し薄くなっていき、擦れる箇所が少し破れかけてきています。

WATARU

アウトソールは少しすり減っていますが、600㎞では問題なさそうです。

  • マジックスピード【右側】 素行距離600㎞
  • ターサーエッジ【左側】  走行距離487㎞
WATARU

走行距離が近く用途も一緒のターサーエッジと比べてみます!!

WATARU

マジックスピード600㎞走っても(左側)は痛みが少ないですが、ターサーエッジ487㎞と距離は少ないのに傷みは激しいですね。

WATARU

マジックスピードは、ターサーエッジと比べアッパーの耐久性は劣りますが、下記の画像で比べてみてもアウトソールの傷み方はかなり勝っています。

WATARU

600㎞走った時点ではマジックスピードのアッパーが少しだけ擦れて薄くなった箇所がありますが、まだまだ活躍出来ます(^^)v

マジックスピード【40㎞峠走】※3/27更新 走行距離735.99㎞

41㎞峠走で使用!!

サブ3.5ペースで十分、力を発揮してくれました!!

WATARU

平均ペースは5’09/㎞
上りも下りもテンポ良く気持ち良く走れました(^^)/

WATARU

下りがとてもテンポ良くリズム取りやすく走れました(^^)/
下記画像が、今回走った峠走のグラフ。

WATARU

今回の峠走で、ウルトラマラソンでも使用出来ると感じました(^^)v

マジックスピード【しまなみ海道ランニング】※4/5更新 走行距離865.20㎞

しまなみ海道79㎞のロングランニングで使用。

ペースは5’00~5’30/1㎞で、とてもテンポも取りやすく走りやすかったです!!

足へのストレスも感じる事無く最後まで心地良く走れました(^^)/

フルマラソンでもウルトラマラソンでも使用出来るシューズと認識!!

WATARU

えびすだいこく100㎞マラソンはマジックスピードで走ります(^^)/

アシックスマジックスピード1000㎞レビュー

アシックスマジックスピードも1000㎞走破しました(^^)/

WATARU

1000㎞走破し、とても良い万能シューズだと感じ、新たにアシックスマジックスピードを購入しました(^^)/
今回は標準サイズ(2E)を購入しましたので是非下記のブログを参考にして下さい(^^)/
あなたの参考になれば嬉しいです(^^)/

これからもどんどん『アシックス マジックスピード』のレビューをしていきますので乞うご期待(^^)/

WATARU

PS
マジックスピードを履きアシックス厚底シューズの良さを体感したWATARUは、レース用にアシックス『メタスピードスカイ』を購入しました。
それほどマジックスピードのカーボンの反発や衝撃は凄かったです。

アシックス『メタスピードスカイ』のレビューもマジックスピードと比較して下記のブログに詳しく書いていますので是非参考にしてみて下さい(^^)/

最後まで読んで頂きありがとうございます!

少しでも皆様の参考になれば嬉しいです!!

皆さんのランニングライフが今以上に楽しめますように!それではまた!!

ブログランキングに参加してますので
少しだけ変態ランナーと呼ばれたい私に応援クリックをお願いします(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる